信頼できる美容外科クリニックを選ぶと平均的な相場です

眼瞼下垂は目の病気

カウンセリング

眼瞼下垂は保険が使える場合がある

眼瞼下垂は明らかな目の病気です。筋膜の力が弱く、まぶたが下がってきてしまう症状です。視野が狭くなるだけでなく、肩こりや頭痛の原因となるので、出来るだけ早く治療を受けることが好ましいとされています。眼瞼下垂は症状の重度にもよりますが、一般的に二重手術の容量で治療が行われます。眼瞼下垂と認められた場合には、治療費に保険が適用されて通常よりも安く治療を行うことができます。筋膜移植の必要がある場合には費用が高額になるため、出来るだけ保険を利用して治療をすることをおすすめします。ただ、一つだけ注意したいのが、保険適用で眼瞼下垂の治療を受ける場合、二重の整形の幅は好みの幅にすることができません。全て医師が決めた一律の幅になります。たしかに保険適用で費用が安くなるものの、あくまで治療の一環として眼瞼下垂の手術を行うため、美容医療としての手術を受けることができないことを理解しておく必要があります。もし、二重の幅を自分で決めたい場合には、保険の適用無しで整形手術をすることになります。

眼瞼下垂が起きる原因は、加齢やまぶたのこすり過ぎによる挙筋腱膜の剥離によるところが大きいです。眼瞼下垂は病気の一種として認められているため、二重整形の手法を用いて手術を行い、まぶたを持ち上げて視界を広げることが可能であります。主な原因と言われているのが、コンタクトレンズの長時間使用やアトピーやアレルギーで目をよくこすってしまうことで眼瞼下垂になってしまうのです。眼瞼下垂の治療費用は、通常の二重手術の手法を用いればそれほど高くありません。しかしながら、剥離してしまった筋膜を移植する場合には、費用が高額になります。そのため、保険が適用されるので比較的安価に手術を行うことができます。眼瞼下垂は肩こりや頭痛を引き起こす要因になるため、症状を改善したいのであれば手術を推奨しています。軽度の眼瞼下垂であれば、二重整形の施術方法で治療を行うことができます。その場合には治療費用は10万円程度なので、軽度なうちに手術をしてしまったほうが後々高額な費用がかからずに済みます。

Copyright© 2019 信頼できる美容外科クリニックを選ぶと平均的な相場です All Rights Reserved.